メニュー

水野産婦人科の特徴 パルスドップラー

水野産婦人科では超音波によるパルスドップラー検査を行っております。血液の流れの速度を測定し妊娠中毒症などの調査を行います。

パルスドップラーとは

産科領域では胎児の血流や臍帯(さいたい)の血管の血流の血流速度を計測し、収縮期と拡張期の血流の比等を算出します。
胎児・胎盤の循環動態の良否を推定し、胎児の状態を診断する方法です。
従来のNSTモニター(心拍モニター)よりも早期に胎児胎盤機能障害を発見できることがあります。

※収縮期:心臓の左心室が全身に血液を送り出す時期
拡張期:心臓の左心室に次回の収縮期に送血する為の血流を貯える時期

このパルスドップラーを利用した検査では、胎児異常や胎児循環動態を評価し、胎内治療の適否、子宮内胎児発育遅延などの早期発見に役立てています。
成人では頸動脈などを観察し動脈硬化などの評価に応用することも可能です。

パルスドップラの動画

実際に測定した動画像は以下のようなものです。(以下の動画は、成人男性の頚動脈です)

エコー写真/カラードップラー写真

エコー写真

エコー写真

 

カラードップラー写真

カラードップラー写真
(赤い部分が心臓です)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME