メニュー

プラセンタエキス療法

プラセンタエキスとは?

プラセンタエキスとは、胎盤に含まれる免疫物質、ホルモン、血液凝固系関連物質、降圧物質などの様々な生物活性物質を有する成分の生理作用を極力損なう事無く抽出したもので、特定生物由来製品に分類されるお薬です。

多くの方が、「美肌効果を有する高級化粧品の主要成分として代表的なもの」としてご存知のことと思いますが、実は、東洋医学で言うところの「安心」、「益気」、「解毒」、「補血」、「補正」、「溶血」など様々な効能効果を有する漢方薬として古くから「紫河車」、「胞衣」、「混沌皮」、「昆元丹」等の名前で用いられてきました。

では、具体的にどのような病気に効くのでしょうか?
眼精疲労、神経症、うつ状態、のような、神経、精神の疲れによる病気
喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーや免疫に異常のみられる病気
サルモネラ症、結核、インフルエンザ、はしか(麻疹)などの感染症

placenta01等に有効とされてきましたが、残念ながら、これらの病気には保険適応はなく、3割負担で済ますことの出来る医療保険は利きません。

しかしながら、女性ホルモンのアンバランスによる「更年期障害」では保険医療を受けることが出来るということは案外知られていないようですが、ご存知でしたか?

ホルモンバランスと皮膚の状態には深い関係があることは以前から知られており、プラセンタエキスの美肌効果も期待できます。さらに神経や精神を癒す効果もあるわけですから、精神的なストレスで「これって更年期障害?」とお悩みの方にも効果が期待できます。

古くから用いられており、天然素材のみが原材料となり得るので、合成化学物質による危険性を気にする必要はなく、この点では安心して用いることが出来ます。但し、あらゆる食品、薬剤の他、玩具や衣類など、からだに触れたり、接したりするものについては、いえることですが、未知の副作用を事前に、完全に除去、回避することは残念ながら不可能であることはご承知ください。又、薬理活性の全てが判明しているわけではない為、経口摂取となる健康食品として用いる場合には注意が必要で、医師や薬剤師の方々にご相談なさるべきかと思われます。経皮吸収となる化粧品では極めて少量の場合はアレルギーの原因になる可能性は非常に低いと考えられていますが、これも流石に皆無というわけにはいかないようです。尚、医療用医薬品として認可されている製品をご使用になる場合、薬剤の安全管理は充分になされているとされています。

当院におけるプラセンタエキス療法

当院ではメルスモン製薬株式会社から供給されている医療用医薬品であり、国産の特定生物由来製品の「メルスモン」を用いております。プラセンタエキス療法の実施に際しては、国の定めるところに従って記録保存が必要となるため、少なくとも初回時には、効能効果、副作用の説明にお時間を頂戴するほか、同意書等の文章にご署名を頂戴いたします

  • 保険診療
    「更年期障害」「乳汁分泌不全」には保険適応があります
  • 自費診療
    自費によるプラセンタ療法をご希望の方
    (参考として腰痛、関節痛、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、喘息、肝機能障害、抑うつ状態、易疲労状態、眼精疲労でお悩みで、自費によるプラセンタ療法に同意いただける方や、アンチエイジングやお肌のお悩みなどでプラセンタエキス療法をご希望なさる方にお勧めいたします。)

自費診療の場合、消費税5%の現時点では、初回時3,150円、2回目以後1,680円です。ただし、患者様のご都合で、通院が中断に至った場合は、リセットされ、初回分の費用負担からお願いする場合もあります。
プラセンタエキス療法を安全にご利用いただくために検査が必要となる場合がありますが、派生いたします費用は原則自費診療となります。医療上の必要から、プラセンタエキス療法を最初からお断りする場合や、途中から中断をお願いする場合もあります。
混合診療は保険療養担当規則により禁じられているため、「風邪の診療のついでにプラセンタエキスも」との類のご希望には原則応じかねます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME