メニュー

婦人科

挙児希望相談、避妊相談、月経不調などの卵巣機能不全、性行為感染症、排尿障害ほか、更年期のトラブル、子宮ガンの検診、乳腺エコーも取り扱っております。

また、住宅医療を受けておられる患者様のオリモノ、不正性器出血に対する往診も対応いたしております。卵巣、子宮の検査が必要な場合は経腹/経膣超音波断層装置を携行してお伺いいたします。

※往診できる範囲には制限がありますので事前におたずね下さい。尚、往診には保険療養担当規則の認める保険給付外の実費を別途申し受ける場合(2008年までの実績ではご請求の事例なし)がございます。予めご了承ください。

mricon2水野産婦人科の特徴 母体保護法関係(中絶・避妊)詳しくはこちら
mricon2骨塩定量超音波検査詳しくはこちら
mricon2プラセンタエキス療法詳しくはこちら
mricon2子宮頸がんワクチンの接種詳しくはこちら

ブライダルチェック

ご結婚をひかえて、体のこと、妊娠のこと、なんとなく不安はありませんか?
昨今、ご結婚をひかえた女性が受ける婦人科的な健康診断をブライダルチェックと呼ぶようです。診断内容は医療機関によって様々ですが、水野産婦人科では主に以下のような診断を行っております。
※ブライダルチェックは自費診療につき保険対象にはなりません。

  • 子宮や卵巣の形態異常
    「エコー(超音波断層法)」を用いて子宮筋腫や卵巣のう腫などの検査
  • 婦人科細胞診
    子宮頸(外側)がん、子宮体部(内部)がんの検査
  • 性行為感染病(性病)検査
    HPV・クラミジア・淋病の他、カンジダ、梅毒、HIV(エイズ)の検査
    ※ご希望の方はHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)等の検査もいたします。

更年期障害

現在、日本人の閉経年齢は51歳弱とされています。閉経に先立って、40代半ばごろから、規則正しい排卵周期を維持することが困難になり、その結果、月経周期が長くなったり、逆に短くなるなど不安定になる他、生理の量が減少したり、生理の日数が長くなったりもします。このような状況に陥った時に、卵巣の働きを維持するために、脳から卵巣刺激ホルモンが分泌されますが、この結果、自律神経のバランスなどが崩れて、冷えのぼせや肩こり頭痛等さらには、不眠や抑鬱状態が生じることになり、これらを症候群として「更年期障害」と呼ぶようです。

性行為感染症

最近10代後半から30代後半の方の性行為感染症が増加しており、不妊症の原因になっている他、若年層の子宮頸部ガンの増加の原因にもなっております。

性行為感染症(いわゆる性病)について、おりものが多いとき等自覚症状がある方は一度ご相談ください。

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)
    現在100種程度が知られています。うち、30種程度に発がん性があるとされています。
    子宮頸部扁平上皮がんのほぼ100%がHPVの感染により、子宮頸部腺がんにおいてもほどんど例でHPV感染が関与しているらしいことが分かってきました。
    10代の高校卒業生の婦人科患者の60%以上、全女性の80%以上が一生に1回以上かかっているといわれます。がん化リスクの低いHPV感染では、自然に治癒することも少なくありませんが、がん化リスクの高いHPV感染では数年~十数年でがんが発症する可能性もあるので婦人科細胞診で異常のあった場合は定期健診をおすすめします。

子宮頸がん検診

  • クラミジア
    一般にクラミジアトラコマチスによる子宮頸管炎、卵管炎などをさします。
    女子大生の15%、妊婦さんの10%がかかっているといわれています。抗生剤を1回内服するだけで、80%以上の症例では除菌できるとされていますが、長期にわたり薬を飲み続けなければならないケースもあります。また、除菌しても不妊症になってしまうこともあり、子宮外妊娠にいたる割合は健康体の8倍ともいわれています。
    おりものが多い場合(特に水っぽいおりものの場合)は早めに受診されることをお奨めします。
  • 淋病
    最近になって抗生物質の効きにくいタイプが流行しているようです。女子大生の7~8%が淋病にかかっているとのデータもあります。女性の患者様は自覚症状に乏しく「パートナーの男性が泌尿器科で淋病と診断されたので自分も調べてほしい」といったケースも多いです。不妊症の原因となるため注意が必要です。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME